Dec 9, 2008

クルッと回ってUbuntuに戻る

短いスパンでアップデートされている・・・つまり活きのいいLinuxディストリビューションをいくつも試してみたのだが、とりあえずまわりまわってまたUbuntuに舞い戻った。(ただし、3Dデスクトップはなしで ^^;)

デスクトップ環境はこの状態でしばらく使ってみようと思う。まずは今までできていたことを手探りで確認しているのだがDVDまわりがちょっとおかしい。DVDレンタルで借りてきたソフトがエラーが出て再生できないんだよね。調べてみるとDVD再生に必須なライブラリがどうやらインスコされていない様子。Win環境からやさしいUbuntuに流れてくるユーザが多いらしいけど、これは第一の関門なのかもね。

DVDの問題はこちらのページで公開されているとおりの作業で終結。なんでデフォルトで使えないんだろ?いろいろと著作権との兼ね合いがあるのかね?

つぎに引っかかったのは開発環境。
大きな書店だとプログラミングに関する書籍が並んでいるコーナーがあったりするな。
WindowsマシンだとperlやJAVA、C言語に触ってみようと考えた時にダウンロードしたり、パスを通したりといった設定が必要になったりする。まさかこの段階で放り出しちゃう人はいないと思うけど、設定がわりと面倒だったりするのも事実。その点LinuxはperlやCのコンパイラが最初から用意してあって・・・Ubuntuの場合はコンパイラが用意されてないみたい。ってなわけで開発環境を整える。いつもどおりコマンドログを掲載するので真似するべし。


hoge@hoge-Ubuntu:~$ sudo apt-get install build-essential
[sudo] password for hoge:
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが自動でインストールされましたが、もう必要とされていません:
libestraier8 libqdbm14
これらを削除するには 'apt-get autoremove' を利用してください。
以下の特別パッケージがインストールされます:
dpkg-dev g++ g++-4.2 libc6-dev libstdc++6-4.2-dev libtimedate-perl
linux-libc-dev patch
提案パッケージ:
debian-keyring g++-multilib g++-4.2-multilib gcc-4.2-doc libstdc++6-4.2-dbg
glibc-doc manpages-dev libstdc++6-4.2-doc diff-doc
以下のパッケージが新たにインストールされます:
build-essential dpkg-dev g++ g++-4.2 libc6-dev libstdc++6-4.2-dev
libtimedate-perl linux-libc-dev patch
アップグレード: 0 個、新規インストール: 9 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
8707kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 34.3MB のディスク容量が消費されます。
続行しますか [Y/n]?
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com hardy-updates/main linux-libc-dev 2.6.24-22.45 [699kB]
取得:2 http://jp.archive.ubuntu.com hardy-updates/main libc6-dev 2.7-10ubuntu4 [3344kB]
取得:3 http://jp.archive.ubuntu.com hardy-updates/main libstdc++6-4.2-dev 4.2.4-1ubuntu3 [1187kB]
取得:4 http://jp.archive.ubuntu.com hardy-updates/main g++-4.2 4.2.4-1ubuntu3 [2784kB]
取得:5 http://jp.archive.ubuntu.com hardy-updates/main g++ 4:4.2.3-1ubuntu6 [1440B]
取得:6 http://jp.archive.ubuntu.com hardy/main libtimedate-perl 1.1600-9 [30.1kB]
取得:7 http://jp.archive.ubuntu.com hardy/main patch 2.5.9-4 [95.6kB]
取得:8 http://jp.archive.ubuntu.com hardy-updates/main dpkg-dev 1.14.16.6ubuntu4 [559kB]
取得:9 http://jp.archive.ubuntu.com hardy/main build-essential 11.3ubuntu1 [7066B]
8707kB を 1s で取得しました (4810kB/s)
未選択パッケージ linux-libc-dev を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 120295 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../linux-libc-dev_2.6.24-22.45_i386.deb から) linux-libc-dev を展開しています...
未選択パッケージ libc6-dev を選択しています。
(.../libc6-dev_2.7-10ubuntu4_i386.deb から) libc6-dev を展開しています...
未選択パッケージ libstdc++6-4.2-dev を選択しています。
(.../libstdc++6-4.2-dev_4.2.4-1ubuntu3_i386.deb から) libstdc++6-4.2-dev を展開しています...
未選択パッケージ g++-4.2 を選択しています。
(.../g++-4.2_4.2.4-1ubuntu3_i386.deb から) g++-4.2 を展開しています...
未選択パッケージ g++ を選択しています。
(.../g++_4%3a4.2.3-1ubuntu6_i386.deb から) g++ を展開しています...
未選択パッケージ libtimedate-perl を選択しています。
(.../libtimedate-perl_1.1600-9_all.deb から) libtimedate-perl を展開しています...
未選択パッケージ patch を選択しています。
(.../patch_2.5.9-4_i386.deb から) patch を展開しています...
未選択パッケージ dpkg-dev を選択しています。
(.../dpkg-dev_1.14.16.6ubuntu4_all.deb から) dpkg-dev を展開しています...
未選択パッケージ build-essential を選択しています。
(.../build-essential_11.3ubuntu1_i386.deb から) build-essential を展開しています...
linux-libc-dev (2.6.24-22.45) を設定しています ...
libc6-dev (2.7-10ubuntu4) を設定しています ...
libtimedate-perl (1.1600-9) を設定しています ...
patch (2.5.9-4) を設定しています ...
dpkg-dev (1.14.16.6ubuntu4) を設定しています ...
libstdc++6-4.2-dev (4.2.4-1ubuntu3) を設定しています ...
g++-4.2 (4.2.4-1ubuntu3) を設定しています ...
g++ (4:4.2.3-1ubuntu6) を設定しています ...

build-essential (11.3ubuntu1) を設定しています ...
hoge@hoge-Ubuntu:~$ sudo apt-get dist-upgrade
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
アップグレードパッケージを検出しています ... 完了
アップグレード: 0 個、新規インストール: 0 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
hoge@hoge-Ubuntu:~$ exit

ホイ、これで見事にコンパイルができるようになった。とりあえずサンプルなので『こんにちは!世界』ではなくGood Job !と表示させてみせたゾ。この調子で徐々に環境に慣れていこうかなと考えている。