Mar 27, 2009

情報収集力の賜物 〜痛みについて

右足のかかとが強烈に痛くて地面につくことすらできない。約半年前にも同じような症状が発症したんだけど、あのときは運動不足解消の名目で足を酷使したせいだった。違う点は今回、突発的に激痛がやってきたところだ。


あまりにも痛みがひどいので大嫌いな医者へ行くことに・・・。っと、その前にできる限りの知識をと考えて症状と想定される病気についてググってみた。出てくるのは耳にしたことのあるあんな病気やこんな病気。中にはなんだかおっかないモノも含まれていたりして、かなりビビらされる。


素人でも検索エンジンを使い倒す知識さえあれば、ほぼなんでもわかっちゃう状況ってのはある意味残酷なのかもしれないな。
自分の症状をネットで調べてくうちに「その症状は末期ガンだわ!」なんて結果にたどり着く可能性だってあるんだから・・・。


ただでも嫌いな病院で、ビビリながら診察を受ける。そして痛みのある部分のレントゲンを撮ってもらって見ながら医師の見解を聞くと・・・強烈な負荷がかかったための炎症なんだと。ほぼモニターの前に座ってるだけなので、激しい運動をした経験なんてないのだが・・・。もしかして体重そのものが負荷なのか?そーなのか?


ヲイラ的に想定していた最悪の事態は避けられて一安心。医院に連れて行ってくれた嫁さんだけが

「家族の方ちょっと・・・」


なんて診察後に呼ばれることもなかったから大丈夫だろう。ついでだから処方された薬もググってみた。効能や用法なんてのも当然だけど簡単に入手できるのな。前準備が見事だったせいか診察を受けたときの医師の質問の理由も、なにを疑ってのものなのかがわかったし、今更ながらネットで入手できる情報の貴重さが痛感できた一日だったよ。


痛感といえば・・・まだ痛みはあまり引いていない。もうちょっと安静が必要かもしれない。