May 18, 2009

インフルエンザとコンピュータウィルス

自宅が某国際空港に何気に近かったりして、インフルエンザ怖いなと漠然と感じていたヲイラ。国内上陸は時間の問題だなと思っていたところ、早々と上陸したし。ここ数日感染のニュースがひっきりなしに報じられていて、近隣地区の方々はたいへんだな。



病原菌だけでなく、コンピュータウィルスも混入しちゃうとやっかいで迷惑な存在だったりする。


Gyaoの無料動画ってどんなコンテンツなのかね?なんて考えてサイトへ飛んでみたら、”チョロメ”では動画が観られないのな。WindowsにIEという最低の組み合わせの環境でないと使えないなんて・・・今後2度とアクセスしないだろうと考えながら、IE8をはじめて起動した。



検索エンジンをMSN使うように誘導したり、既定のブラウザ・・・だったけか?IEにさせようとアラート出したりと、とにかくマイクロソフトの色に染めようと必死で笑わされた。
セキュリティホールにパッチが当てられた「安全な日」ってのが1年を通して数日間しかないと言われているIEを使うのははっきり言って自殺行為。

とりあえずインフルエンザの方がかなり安全なんじゃねっ?と感じちゃうな。


兵庫県や大阪府ではインフルエンザの煽りをくってマスクも不足してるんだとか。感染に気をつけるのは自然界のウィルスもバーチャルのウィルスも同様だ。しっかり防衛したいモンだな。