Jul 28, 2009

祭りのあと

祇園祭の風景。
江戸時代から脈々と続く由緒あるお祭りなのだそうだが、ヲイラが子供だった頃から比べると人出がかなり減少した気がする。


2日間にわたるお祭りは両日とも天候に恵まれたのに、子供たちにとってお楽しみの露店が某所で同じ日程で開催される花火大会にごっそり持っていかれた形となった。


露店が点在している様子はあっちにポツン、こっちにポツンとまるで絶滅寸前の蛍が光っているよう・・・なんだかちょっとさみしかった。貼り付けたサムネイルは、ようやくみつけたきんぎょすくいに興じる嫁と娘。


少ない露店に客が群がっているのかというと、そんなワケでもなくぽつりぽつりと歩いている。とくに小中学生が目立つ気がした。


数十年後にはひょっとしたらなくなっちゃうんじゃ?と漠然と不安になってしまった夜であった。

Jul 22, 2009

重ねて言うが片付けられないワケではない

たしか去年も・・・と思い過去ログを当たってみるとやっぱり・・・。

仕事はちいさなスパンで捉えると、ルーチンワークになりがちだったりするけれど、大きなスパンでとらえてもやっぱり同じなんだなとつくづく感じたょ。去年はウェブサイト構築と法人の決算が重なっちゃって、しっちゃかめっちゃかだったんだけど、今年はウェブ構築の代わりにパソコンの個人講習が数件重なっている。


訪問が明日なので、そちらの用意もしたいのにイスから立ち上がるともう戻れないような状態だったりする。

今日は皆既日食なんだそーだが、ヲイラの部屋から見える空は曇天。太陽が隠れたらちょっとは暗くなるんだろーか・・・などという現実逃避はこのへんでおしまいにして仕事仕事。

Jul 18, 2009

デジタルカメラで自由研究

電脳ヲタクを名乗るだけあって、購入した電化製品はほとんどハズレた経験がない。ただのマグレかもしれんが、所有しているパソコンも10年選手がまだまだ元気で頑張っているといえば信じてもらえるかな?

分かるヒトなら年代がわかっていただけると思うが、Powerbook1400やWindows98だって現役で使えてるんだから。


貼り付けたサムネイルはかなり前に使っていたデジタルカメラ。
写真を撮っても使うのはWeb用がほとんどだし、SDムービーも買っちゃったりしたせいかあまり日の目をみることがなくなっていたが娘の夏休み自由研究用に復活することになった。


とりあえずは引っ張り出してバッテリーの充電を始めたところなのだが、使えると思うょ。
何を写すのか、何の研究をする予定なのかは追々聞き出すとして、今日から夏休みのはじまりはじまり♪


・・・いいな小学生は。

Jul 13, 2009

Firefoxよりチョロメに注目!

Firefoxの情報をいろいろと拾ってみると、 Firefox3.5が入るのはUbuntu9.10からになるんだと。依然として8.04LTSを使い続けているヲイラにとっては関係なくなった。さみしいような、ちょっとだけスッキリしたような微妙なカンジだ。


さて、先日なんとなく気になってアドオンの一つ「Googleツールバー」を一度削除してから、再インストールしてみた。


残念ながら以前のバージョンを記録しておくのを忘れてしまい今となってはわからないのだが、明らかに変わっているな。Windows環境ではそのスピードに魅了されてチョロメを使っているんだけど、新しいツールバーになってからfirefoxの挙動がなんとなくチョロメ化しているのが感じられる。


別にそれがイヤとかいうわけではない。
Googleからは多大な恩恵を受けているし、今後ともサービスの提供を受けつつ追随していくつもりだ。先日打ち出されたGoogle Chrome OS、まだ全容どころかカケラさえも公開されていない状態だけれど、もしチョロメをベースにして延長していくモンならきっと楽しそう・・・。


Firefox3.5が遠のいたのは残念だ。でももっと楽しそうな新しい環境が近づいてきているのは大歓迎!

ヲイラの環境でも動くのかどうかが不安になってググってみると、Google Chrome OSネットブックにプリインストールされるだけでなくてLinuxカーネルをベースとする新たなウィンドウ・システム上でChromeを動かすことができるとのこと。楽しみだねぇ。

Jul 2, 2009

ウェブブラウザ活用法

お得意のUbuntuだけでなくWindows環境でもFirefoxにお世話になっているヲイラ。Firefox3.5が登場したっていうんで、早速アップデートしてみた。


予想通り未対応のアドオンがぽろぽろと出た。
Linuxに比べてWindowsはすでに使用頻度が低いので、放っておきゃそのうち追いついてくるだろうという程度に考えている。


Firefox3.5に触れた感じとしては「ちょっと快適かも・・・」といったところ。
まあ重荷となっていたアドオンをこれだけ落としゃ、軽快に走れるだろうということでヲイラ的にはあまり高評価していない。速さだけを求めるならLinux使いならEpiphany使えばいいんだもんね。


Epiphanyについては、右のようなカンジ。
極端にLinuxに特化した仕様にして使っている。これはこれでクセになる速さなので試したことがなければ是非。


そんなこんなでUbuntuではまだしばらくFirefox3.0を使いつづける予定でいる。半年毎にアップデートするUbuntuを追いかけずLTSで長期サポートを選んでいるのも、ポイントは安定性を重視しているわけだが、Firefoxについても似たようなものかな。


ウェブブラウザもメリットを活かしつつ手軽に切り替えながら使う時代になっているのかもしれないな。