Sep 2, 2009

Puppyとじゃれてみた

パソコンが不調だから診てくださいという依頼を受ける。
大抵はWindowsなんだけど、Linux使っているツワモノからも舞い込むケースがある。


昨日はレアケースのLinux。
Windows系のトラブルの際には手ぶらで出かけたりするヲイラ、さすがにLinux相手にそーはいかなかったりするな。


詳細は伏せさせていただくが、あらかたのファイルをバックアップして、走っていたUbuntuからPuppyへとディストリビューションを変更してきた。
低スペックでも軽快に使える点がウリなのは聞いていたが、Puppyったら軽快すぎる。


試しにヲイラのメインマシンでRWに焼いたLiveCDで走らせてみると驚愕のスピードだ。
VineLinuxやUbuntuとはブラウザを筆頭に収録しているアプリケーションの毛色が違うため、今のところ本格的な移行をためらっているが「新しモノ好き」な性分なのでいつまで我慢できるやら・・・。


貼り付けたサムネイルは日本語環境では最新版のバージョン4.2。
isoファイルも非常にコンパクトなので、ぜひ触れてみて欲しい。