Sep 3, 2009

SNSとプライバシー

インターネットがお手頃に使えるようになる以前の「パソコン通信」が主流だった頃ならいざ知らず、ネットにパーソナルデータを晒すのはかなり勇気がいる。


そんな思いを蹴散らすように日本に上陸して爆発的に会員数を増やしたSNSがあったな。


ヲイラも一応会員になっているけれど、ハンドルを晒しながら活動する気にまったくならないので放置したままほとんどアクセスすらしていない状態だ。


入会しているユーザーはみな誰かの知り合い・・・これで安心できるならワルいヤツはいないはずだ。まぁみ○しぃの悪口を書こうと思って記事を書き始めたわけではないので、このへんでやめておこう。


では本題。いくつか招待をされて加入したSNSがある。
み○しぃでも幽霊会員を貫いているあたりから、ヲイラが自分からアクティブに活動するタイプではないというあたりは類推できると思う。


それでもやっぱり、たまには覗いてみたくなるモノだったりする。


←そんで覗いた結果がコレだ。


いつの間にやらアクセスさえもできなくなっていて、その旨の連絡すらよこさない。確か実名で登録するようにとか言ってたような気が・・・。


基本的にへそ曲がりなので、「実名で登録しろ!」って書かれていればわざと偽名を使っちゃうヲイラ。


悪口を言わないSNS、日記を書くと媚びたコメントでいっぱいになるSNS・・・どーもウソくせぇ。




個人情報保護なんて言われていたりするけど、いたるところからプライバシーはダダモレしている。まぁココ○ラからモレてる訳ではないにしても、「安心」が完全に約束されたエリアではないことだけは、頭の片隅に置いておくべきだと思うよ。