Oct 31, 2009

Ubuntu 9.10導入記 宿命のコアラは速く動くゾ!

Ubuntu 9.10をインストール。
VirtualBoxを用意してリリースを待ち構えていたのだが、9.10のバージョンはVirtualBox用仮想マシンでは公開されないようなのでデュアルブート用に空けておいたパーテーションへとインスコした。


様子伺いを兼ねて普段頻繁に使っているアプリケーションをいくつか動かしてみると、なんだか速いゾ。Anthyの設定も微妙に増えていたり、アップデートに伴ってバージョンアップしたアプリのメニュー項目の変更にちょっとだけ戸惑ったりもしたのだが概ね良好みたい。Firefoxのプロファイルはすでに移動を終えているので背負っているプラグインは実質同じ。Ubuntuの起動自体もアプリの立ち上がりも体感では高速化しているようだ。


あとはバックアップしてあるデータをUbuntu 9.10に持ってくるだけで引越しは完了となる。次のLTSを待たずにデュアルブートで残してあるUbuntu 8.04を消してしまっても良さそうな予感。


FTP(仕事でウェブサイトを作っていたりする)やメーラーなど細かな設定が残っているのだが、今日中に全部移行しちゃおっかな♪


ただひとつ。このブログ記事を書いていてちょっとだけ引っかかるのがAnthy。選択している変換候補が反転されないのはちょっと使いづらい。テキスト入力に普段より多めに時間がとられているかも。ある意味『文字打ってなんぼ』の仕事だったりするのでやっぱり気になるかな。


ヲイラ的には年内に公開されるGoogle Chrome OSのためにハードディスクのパーテーションを確保しておきたいという重要なテーマがあるので、かなり迷うところだ。いずれにしてもチョロメ公開までは、まだ時間があるはずなのでもうしばらく使い込んでみるつもりだ。