Nov 9, 2009

家のリフォーム トイレの場合

壁面が全面クロス張りだったトイレ。
今回のリフォームでは板張りに模様替えとなった。しかもトイレの個室(プライベートエリア)に入ると「いらっしゃいませ!」のごとく自動で便座カバーが上がる。


この挙動にヲイラはまだ慣れることができず、ビクッとさせられることが多い。最初に入ったときは「おぉっ!板張り」と物珍しげにまわりを見回していたところに「いらっしゃいませ」とキたもんだから、軽く叫び声を上げてしまった。パソコンを含めITばかりに目を奪われていたが進化しているのはソコばかりじゃないってことだな。


左に貼り付けたサムネイルはトイレのいわばコントローラ。
以前使っていたモノと比較すると、やたらボタンの数が多くなっている。増えているのは便座開閉ボタンだけじゃないから、コーモンをより洗えるように改良されたのだろうか。

職人さんたちがまだ家の中を右往左往しながら作業をしてるので、落ち着いて座ったことが実を言うとまだないヲイラ。落ち着いたら試してみようと思う。


ウチにはトイレがもう1ヶ所ある。
こちらは便器がまだ届かずにロッジ風小部屋または外気温と同じ温度のサウナ?と化している。


仕事をしている部屋からも、寝室からもこちらのトイレの方が近いので早く使えるようにならないかなと気をもんでいる。


ってまったく電脳日記ではなくリフォーム日記になっちゃってる今日この頃だったりするのだが、ひととおり終わればサイバースペースへと出張っていくので、もうしばらく我慢されたし。