Dec 6, 2009

Google日本語入力はChrome OSへの布石か

Googleから提供されるサービスはβ版でも信頼できる。

もう3年以上もメインのアドレスとして重宝しているGMailだってついこのあいだまでベータ版の文字がロゴについていたんだもんね。


そんなGoogleからIMが登場。
このところWindowsマシンに灯を入れる機会がなかったので先送りしてたんだけど、先ほどようやくインストールしてみた。


使い勝手はうーん・・・。個人的な好みの問題になっちゃうと思うけど、ヲイラは文章を入力するときに短いスパンで細かく変換するタイプではないので、文字を打ち始めると出てくる変換候補のウィンドウがちとわずらわしいかも。


と、ここまで打ち込んでみても誤変換はまるでなし。マイクロ何とかの謹製IMはすでにぶっちぎられているな、こりゃ。WebアプリでMS-OFFICEを脅かしてみせ、今度は前触れ無くIMをリリース。次は何をして驚かせてくれるんだろうな。非常に楽しみだ。


ソースが公開されて近々お目見えする予定のChrome OS。
いきなりのIMリリースも、考えてみりゃチョロメへの布石なんだろうな。通常何の気なしに使っちゃっているパソコンには、あと何が必要だ?そのあたりを考えたりするとGoogleの今後の動きが予測できるかもしれないな。


しかしこんなに快適なら、Linux版のGoogle謹製IMもぜひ欲しいんだけど・・・。