Aug 6, 2010

ウェブブラウザを乗り換えてみた

法人の決算関連の事務処理をしている関係で、ここ数日大嫌いなWindoowsを使い続けていた。まともに使える会計ソフトがLinuxで動けば、速攻破棄できるWindowsOSなのだが、こればっかりはしょうがないねぇ。

合間に調べ物をするため、ウェブブラウザを起動すると、速いはずのChromeがなんだかもっさり感じる。
メインマシンとして使っている自作機とはスペック的にも差があるので、そのせいなのかと考えようとしたのだがもっさり感がやっぱり気になるので、思い切ってChromeから他のウェブブラウザへ乗り換えることにした。

貼りつけたサムネイルが示すとおり、選んだのはOpera。
しかしOperaなんて使うのいつ以来だろう?
まだMacOSのバージョンが8だか9の頃にバナー付きのOperaを使っていた記憶があるから、相当昔の話だな。

ブックマークはChromeからHTMLでエクスポートしたファイルを、強引にOperaでインポートしてみた。
わざとぼかしてあるからわかりづらいけど、”Firefoxのブックマーク”というよくわからないタイトルが勝手についていたりするのが確認できるはずだ。

Windowsについてはヘビーユースするわけじゃないので、使い勝手を深く追求する気はないんだけど、用意されているインターフェイスがなんだか使いやすそうなのでしばらくはOperaで行こうと考えている。

軽くて速いウェブブラウザ。ユーザはみんな期待して待ってる。
リクツさえわかれば乗り換えなんて”へ”でもないんだから、各ベンダーは切磋琢磨して欲しい。




本日のおまけ・・・