Nov 3, 2012

nexus 7 ついに購入

 iPad miniが発売され、銀座のアップルストアで行列をつくったというニュースを先日、お昼のニュースで知った。


あまり気にしてなかったがWindows8も発表されたみたい。もっとも、これには触手がピクリとも動かないが。


反対にビンビン反応しちゃったのが今朝のPCデポの折込広告。

『nexus 7多数在庫』


まるでヲイラに直接呼びかけてるような気がしてひとっ走り行ってきた。

そして買ってきた(^^ ;)


某郊外型電気店のnexus 7の展示品をいぢり倒したところ、使い勝手はFlead tabとほぼ変わらず。そして、抜群の反応スピードも体感済みであった。

あとはいつ買おうかなという、自分自身のタイミング待ち。広告をとおして、呼ばれちゃたんだからしかたないよな。


まずはnexus 7を開封。
PowerPC、iMac、iBookにiPadとApple製品の梱包を解く作業は非常にワクワクしたんだけど、比べてみるとなぜかnexus7ではドキドキ感はなかった。


シンプルだけど、どこか見えるところにリンゴのマークがあったAppleのデザインとはやっぱり違うんだな。


改めて見なおしてみると外箱の裏側にGoogleとGoogleのサービス内容概略がちょっと書かれていた。でもデザインという観点では、これは蛇足に感じる。



梱包を解く作業を続けよう。
箱は黒を貴重に統一されている。なんとなくお菓子の箱を連想してしまったヲイラだが、別に腹が減っているわけではない。




内容物はとてもシンプル。
nexus7本体とAC充電器、それと小冊子が2冊のみだ。


まずはフル充電、実際にスイッチを入れてセットアップをさせるという流れはiPadと一緒なのね。

最後の写真はnexus7とFleadTab。
どちらも仕事用だが、自分の中では棲み分けはすでにできている。


バッテリーは貧弱だけど、マイクロSDカード経由でデータのやり取りが簡単なFleadTabは今後も必携。


対するnexus 7は、購入して帰宅後にNexus 7 ケース型キーボードをネットで注文した。



タブレットPCというより、超小型のPCとして使う予定でいる。


いずれにしても本格始動は、ケース型キーボードの到着を待ってから。nexus 7のレビューは近日中を予定しているので、しばし待たれよ。