Jun 12, 2015

UIは大切だというお話

あれから約1ヶ月半、SIMを差し替えたスマホは好調で取り立てて文句はないのだが、割とよく使う昨日のひとつ”アラーム”のUIが悪い。使うのが悲しくなるくらいだったりする。

そこで用意したのがこちら。
アプリの名称はそのまま”アラーム”。

アラーム自体シンプルだからというわけではないのかもしれないけど、このアプリも至ってシンプル。

はじめて時間をセットして使っているから、まだ”初鳴り”もしてないわけだが・・・あと41分(^^ ;)


話を戻そう。
UIの良し悪しでそのデバイスに対する印象ってものすごく変わる。

マウスを使った初期のPCのUIがほぼ変わらず、今でもその流れを引き継いでいる。これは進化もしていないことだ!
みたいな記事を目にした。
個人的にはそれは使い勝手が良くて定着したものだから、いいんじゃね?と思う。
使い勝手が悪ければ今回のテーマであるアラーム導入だったり、ヲイラがWindowsを離れたりといった具合に使わなければいいんだもんね。

第一最近のMacBookやiPadなんて複数の指で操ったりして面白いし。

そんなわけでアラームの初鳴りまで30分と少々。久しぶりのブログ、別の意味でちょっぴり緊張気味でお送りしてみた。