Jan 14, 2017

マネしてもいいよ!

1月も半ばに達した。
どこから語ればいいものか・・・。

もうすぐWindowsVistaのサポートが切れるらしい。そのVistaがヲイラの仕事場にも一台あり、ワケあって他のPCに移植できない貴重なアプリとデータが一式取り残された状態になっていた。

次に使うのは概ね約1年後なのでネットに繋げないスタンドアローンでVistaを使い続ければいいかと簡単に考えていたのだが、その予定はもろくも崩れた。
昨日、突如メインPCが逝った。バラしてあっちゃこっちゃいじってみたが修復できず。このPCどのくらい使ってたんだっけ?
とにかく、かなりの年月を共にしてきた自作PCがついに逝ってしまった。

仕事に使っている関係上、バックアップは2セット必ずとっているので支障はないのだが、そのバックアップを開く環境がない・・・というわけで、PCデポへ急行し新たにPC(パーツ)を購入してきた。合間をぬってVistaの走っているサブノートのバックアップをとってから、KonaLinuxをインストールして当座必要な書類を救出した。ペーパーレスなんて言っても、契約書は書面でなんて風習があるのでしかたない。この契約書のために行うにしては大掛かりだった気がするな。

ニューマシンはとりあえず置いといて、急遽用意したVista on KonaLinuxが快適なのに驚かされた。更新プログラムだかなんだか知らんが、作業に支障をきたすほど裏側でなにかやらかしてくれちゃっているWindowsOSが走っていたときより放熱も少ないし、何よりサクサク動作する。

Vistaサポート終了で新しいPC買い換えなきゃ・・・なんて方は、ぜひ使ってみるといい。
バーテーション切ったりキーボートその他の設定を確認したりという手間はあるけど、なによりMicr○s○ftの呪縛から解き放たれるのは非常に快適なのだ。今まで自発的にPCを使っていたはずなのに、用意された環境で”使わされている”ことに気づくはずだ。
とはいえヲイラには責任はとれないのでLinux化は自己責任で頑張ってくれ。

なにぶんノートPCなもんで大画面で快適に画像処理とはいかないけど、しばらくこの環境を楽しんでみようと思う。多分・・・飽きるまで。

というわけで、ちょっとしたおさらいを・・・。

1)メインマシン(パーツ)を購入
2)VistaにKonaLinuxを導入 ← いまここ
3)メインマシンを組み、Linuxを入れてバックアップを戻して通常営業

蛇足になるが、PCパーツって全体的に値上がりした?
一式揃えると普通に販売してるPCの価格と遜色ないんだが・・・。