Oct 14, 2017

スタバでノマド

実はこの文章、とあるスターバックスで書いている。
まだ早い時間なんだけど、週末のスタバは結構混んでいるのね。

 あまりひとりで入った経験がないんだけれど、周りを見回すとほとんどのテーブルがお一人様ばかり。 ノートPCに向かっている人がちらほら。 自意識過剰なのかも知れんが、あの姿がちょっと恥ずかしくてヲイラはこぢんまりしたNexus7だったりする。

前置きはこの辺にして、ヲイラがNexus7(2002)の新たな活用法として考えていたのはEvernoteによるライフログとリマインダーをフルに使うことがひとつ。もう一つは簡単に持ち歩けて、テキスト入力に特化したデバイスとして使うことだった。

ひとつめのEvernoteはかなりいい感じになってきたと思う。
いつも手の届く範囲にNexus7を配置してかなりのハードワークをさせている。 そして、つぎのテキスト入力特化デバイスだが、やや難航しているかな。 Wi-Fiの利用が可能なスタバで書いていながらなんだけど、オフラインの状態で軽快に使えるテキストエディタの選定に戸惑い、オンライン状態になったときにPCや他のデバイスへの受け渡し作業がスムーズに行える環境構築がようやく整ったばかりだから。

 数種類のアプリをインストールして試してみたけれど、結局テキストエディタはJota+を、クラウドと同期する作業はDropsyncが便利そうということで落ち着いた。特に意識して同期の作業をさせなくても、Wi-Fiがつながっている環境下で知らぬ間にしておいてくれるのはいいかな。
 Jota+も軽快。 ヲイラはBlueToothキーボードを繋いで横向きで使っているから、下部に常駐しちゃう広告もあまり気にならない。あまりの使いやすさにJota+で小説書いちゃっている人も増えたというのも納得できる話だ。

 繰り返しになるけれど、ようやく腰を据えて使える環境が整ったみたい。 あとは伝わりやすい文章、わかりやすい文章が書けるようになるといいんだけど、当然アプリでなんとかなるわけではなく…こればかりはなかなかねぇ。