Nov 30, 2018

LINEモバイル ファーストレビューとか

ガレージに放置してあった自転車。
訳あって現役復帰の必要性に迫られて、清掃・整備をした。
必要な材料と、作業についてはYoutubeで学びつつメモをとり、近隣のホームセンターで準備完了。夜間走行も視野に入れてライトも新調したりして、時間と手間はかかったが無事レストア完了。

写真とは違い、だいぶピカピカになったので、走っているのを見かけたら、声をかけてね (^^;)/


前回からのつづきのスマホの買い替え。
Lineモバイルに申し込んだ翌日の夕刻にSIMが到着。内容物を確認してSIMフリーの端末をアマゾンでポチる。

機種は・・・あら不思議。
ヲイラが愛用しているP8liteじゃありませんか!?





今回申し込んだLineモバイルから送られてきた(ってかサイズを指定して注文したんだけど)のは、nano-SIM。一方、ヲイラが以前から使っているのはMicroSIMと大きさが違う。
「へっ? 何言ってんの?」と思われた方、焦らずにじっくりお待ちを。

短期間で破壊する”スマホクラッシャー”に、新品持たせられるかってことで・・・。今回、考えたのが玉突き移動の術。
新しいスマホはヲイラが使い、愛用していたスマホはクラッシャーに預けようと計画したのであった。
まず念頭に置いたのは、余計な出費はしたくないということ。そのためには購入する端末はSIMサイズがnanoでもMicroでも使えるハイブリッドで、そこそこ使えるスペックを持つモノ。
ググってみるとMicroSIMをNanoSIMにカッターで裁断するツワモノもいるようだが、そこに労力は使いたくないって。

脱線しちゃったけどヲイラご所望のハイブリッターは、想像以上に近くにいたよ!
というか今まで気づかずに使っていたゎぃ。そんなわけで、めでたく父娘お揃いのスマホとなった。

っと、ここで突然だがLineモバイルのファーストインプレッション。
SIM購入はネット経由で行ったのだが、その際身分証明書をつける必要がある。
まぁ、犯罪とかに使われる可能性を考えれば、妥当かなと思う。
でもさ、デジタルで完結できそうな作業なのに微妙にアナログが混じっているよね?
実際にこの認証作業に半日以上の時間がかかった。

しばらく時間を置いたのち、SIMが届いてスマホが届いて、いよいよアクティベート。
端末が届いたのが、SIMと同じく注文日の翌日夕刻。
アクティベート作業終了後30分ほど経過して返送されたメールには次のような記載があった。

============================================================
■注意事項
・開通はお申し込みをいただいたお客様から順次手続きを行います。
ただし17時以降のお手続きの場合、翌日から順次開通手続きとなります。
・受付後2~3時間以内で開通完了となります。
============================================================
ちなみに返信されたメールは15時21分。
なのに実際に使用できるようになったのは、翌日から・・・。

申し込んで3日めに使えるようになるって、最近のSIMフリーってこんなに時間がかかるのかね?
なんだか、ネットの向こう側でワラワラと人海戦術で作業しちゃってる図が浮かんでしまって、なんだかちょっと気持ちわるい・・・。

ちなみにヲイラの端末で使っていたLineアカウントはSIMに紐ついたスマホ固有の電話番号じゃなかったから、LINEなどのSNSの引っ越しもスムーズにできた・・・って、これ書いちゃってよかったのかな?・・・ダイジョブそうかな。

載せ替えたアプリも無事だし、娘側も快適に使えている様子。
ただ、クラッシャーだから、今後も注意を怠ることなく監視を続けようと思う。