Jan 25, 2010

ツイッタークライアントを使ってみる

つぶやくって・・・何書きゃいいんだろ?
ようやっと使い始めた”ツイッター”だけど、まだよく分かっていないってのがホンネ。


やみくもにいじっていたら、Ubuntuでも動作するTwitterクライアントがいくつかリリースされているのを発見。早速インストールを試みる。


これまたよく分からんままいぢっていると、ヲイラ宛に連絡をくれる人が・・・。なんとなくオンタイムの情報収集ツールだと認識していたので、ちょいとパニクる。


でもこれ、なんだか面白いよね。
相変わらず、何を書けばいいかわからないけど・・・。
もうちょっとのめり込んでみるか。

ちょいとご紹介しとくとインストールしたTwitterクライアントは”P3:PeraPeraPrv”というJavaで書かれたアプリ。Javaなので当然プラットフォームは関係なく使える。iPhoneだとGPSの位置情報を使って半径2キロのつぶやきを拾うってことまでしてくれるとか。


そこまでしなくても専用のツールがあるって楽しくなる。Twitterフリークにはオススメだ。