Sep 25, 2012

部屋を片付けたければ、紙ベースのデータは電子化せよ!

雑誌やカタログ・パンフレットの類は日々増殖し、限られた仕事部屋のスペースを圧迫していく。”ダンシャリ”じゃないけど、一度目を通したらきっちり整理していくという作業をその都度していけばいいのだが、それができてりゃ仕事部屋はいつも整然としているはず。


Canonの複合機をセッティングしてスキャナーが使えるようになったのだから電子化してしまえと、時間を作って作業してみた。


いわゆる”自炊”と呼ばれる作業なのだが、すっかりイメージが悪い言葉になってしまっているので、あまり使いたくないのね。あくまでも電子化・整理なのである。


今回購入した複合機はCanon MG4130という省スペースモデル。プリンター部分についてはテスト印刷もしていない状態だが、スキャナーとしてはすでにカッチリ使い込んでみた。


感想としてはもの凄く静かでスピードは高速。
夜中や明け方、家族が隣室で寝ていても、心置きなく使えそう。雑多に保存していた紙ベースの書類は予定していた時間を大幅に短縮して電子化できた。目に見えて積んであった書類はなくなったけど、必要な部分にはきっちり目を通しておかないとね。


話は変わるが、ヲイラは百均好きである。
別に欲しい物がなくても、店内をプラプラと徘徊しては、目についたものを買ってくる。


先日見つけたのはUSBカードリーダー。
確か同じような機能を持った商品を、そんなに昔ではない過去に10倍以上の価格で某電気店で購入した記憶があるのだが・・・ 。ホントに使えんのかぃ?と疑心暗鬼に囚われつつPCに差してみると普通に認識した。


落ち着いて考えりゃ普通のことなのだが、この不安はなんだったのだろう?


要はヲイラ、百均の品質を信じていないってことなんだろうね。