Jan 11, 2010

twitterと年中行事

twitterというサービスがある。
知ってはいたがどんなモノなのかよく分からなかったし知ろうともしなかった。ほんでもってあまり魅力的にも感じていなかったってのがホンネ。


ヘビーユーザな人の意見によるとなんだか楽しいらしいってことで、ヲイラも遅ればせながらtwitterデビューをしてみることにした。


ぶっちゃけた話、使い方を含めてその効果もまだよくわからないヲイラ。
でも、Twitterの衝撃って本を読み進めていくうちに、いろんな可能性を秘めているなってのは感じはじめた。もうちょっと真剣に取り組んでみようかなと考えている。


そして昨年一昨年とお伝えしたイベントが今年も滞りなく終了した。
今朝二日酔いの重い頭で目覚めると、ヲイラのパソコンの師匠が亡くなったという訃報が届く。教わっていた頃はまだWindowsなんてなくてアプリは自分で作るモノというBASIC時代。当時は親に買ってもらった富士通のFM-New7だった。

ちなみにスペックはこんな感じ。

CPU : メイン、サブともに MBL68B09( クロック周波数 2MHz )
ROM : 32KB( Basic )
RAM : 64KB( 32KBRAM + 32KBROM または 64KBRAM、ディップスイッチで切替 )
VRAM : 48KB( 裏ROM使用時16KB )
表示能力 :640×200 モノクロで3画面、カラー8色で1画面
漢字   :オプションの漢字ROM装着で JIS第1水準 約3000字
FDD  :オプションで 5.25インチ 両面倍密度 320KB(2D)
サウンド :8オクターブ3重和音のPSG音源内蔵
重量   :4.5Kg

単位がMBとかGBではなくキロバイトってのが時代を物語っているよな。


そんなFM-New7の使い方ってかとっかかりを教えてもらっていたんだ・・・。突然の訃報というわけでもなかったんだけど、やっぱり伝え聞いたときはショックが大きかったし辛かった。年代もかなり違うヲイラに丁寧に教えてくれたのを思い出す。あれから長い時間が過ぎて、実際にパソコンを教える立場になったりしてるんだけど、ヲイラは丁寧に教えてあげられているかな・・・?


いつも以上に散文になっちゃったけれど、気持ちが高ぶっているから・・・今日はこの辺で勘弁してほしい。きっと近いうちに復活するので、しばしお待ちを。