Apr 30, 2010

Ubuntu10.04LTSでございます!

ほぼ毎日更新している早朝日記にも書いたんだけど、Ubuntu10.04のISOは朝のうちに落とすことに成功。

訪問してのパソコンのトラブル修復やプログラムの修正依頼の電話に対応しているうちに14時をまわってしまったけれど、インストールすべきアプリは入れて設定も済ませて無事使える状態となった。パチパチ!

ホントは月末のゴタゴタが終わってからにしようと考えていたんだけれど、なんとかなるもんだね。

いざ、アップデートしてみてのファーストインプレッションを記しておこう。
まずはウィンドウを閉じたり画面いっぱいに引き伸ばしたりするボタンが右側から左側へと移動した点。

古いMacOSは閉じるボタンが左だったし、なんてことないかなと思っていたんだけれど、日常的に使っているボタンの設置箇所が変わるとこんなにオタオタしちゃうもんなんだと痛感している。気持ち矢印マークがふらふら右上に行っちゃうんだな。

デフォルトで用意されなくなったGIMPもインターフェースが微妙に変わっている。表示倍率の変更はいじっている最中の画面付近でできた方がやっぱり使いやすいのでは?

Ver3となったThunderbirdのボタンまわりも変わったり、結構愛用しているgeditというテキストエディターでは検索・置き換えボタンのマークが変更・・・と気づいただけでもけっこう変わっちゃっていて、なんだかまだヒトのパソコンをイヂっているような妙に落ち着かない心持ち。まぁじきに慣れるか。

これからプリンター&スキャナーまわりを使えるようにして月末の追い込みにかかるつもり。
そんなワケで本日はこの辺で。