Aug 18, 2010

Ubuntuとの決別

このところUbuntuが突然落ちるという不具合に悩まされている。
システムをクリーンインストールしなおしてもなんだか調子が悪い状態・・・仕事にも支障をきたすような有様なので、ここらでUbuntuはやめて他のディストリビューションに移行することに決めた。

とりあえず完成度が高いって記事をどこかで読んで使ってみたいなと感じていたコイツをチョイス。使い勝手がいいようにカスタマイズを試みている最中なのだが、ネット上を徘徊してもUbuntuと違ってなかなか情報がなくてツラかったりする。

いずれ再インストールが必要な状態になる可能性も考えられるので、しばらくは自分の備忘録を兼ねててブログにメモを残そうと思う。

大まかにいままで乗り換えてきたディストリビューションを列挙すると、Apple謹製のMKLinuxから始まって、HolonLnux→VineLinux→Ubuntu→Fedoraときた。ヲイラと同じようにあちこちのディストリビュータをまたいで使っている諸兄にはピンとくると思われるが、yumってコマンドは初めて。まだまだ苦戦してる状態は続きそう、でも頑張るぞ!

まずはアップデートに使うのはこんなコマンド。
# yum check-update
# yum update


apt-getがちょっぴり懐かしかったりするが、これからはyumに慣れんといかん。

では備忘録を開始しよう。
Fedora13からLiveCDから外されてしまったというGimpをインストールするには
$ su -
# yum install gimp
・・・とする。慣れてないだけでキーボードを叩く回数は今までより少なくなってるんだな。

そしてヲイラにはなくてはならない必携ツール「Freemind」。
まずはこちらから全OS用のフルパッケージをダウンロードして

$ mkdir freemind-0.8.1
$ cd freemind-0.8.1/
$ unzip ../freemind-bin-max-0_8_1.zip
$ chmod +x freemind.sh
# mv freemind-0.8.1/ /usr/local/

これでインストールは完了。続いてこんな作業が必要になるらしい。

$ mkdir ~/doc
$ cp /usr/local/freemind-0.8.1/doc/freemind.mm ~/doc/
$ mkdir ~/.freemind
$ cp /usr/local/freemind-0.8.1/patterns.xml ~/.freemind/

ここまでやったらターミナルで /usr/local/freemind-0.8.1/freemind.sh
ランチャを生成するもよし、コマンドを叩いて起動するのもよしなのであとはお好きに。

次はFlashPlayerだな。
# rpm -ivh http://linuxdownload.adobe.com/adobe-release/adobe-release-i386-1.0-1.noarch.rpm

# yum install -y flash-plugin

これでFirefoxがまともに使えるようになる。
そんなカンジで今日はここまで。