Oct 15, 2010

Ubuntuでガジェットを使おう!

日本語サイトでUbuntu10.10がダウンロードできるようになって4日め。
システムに入れて、若しくはLiveCDで試しているヒトが増えたんじゃないだろうか・・・まぁ、どーでもいいけど。


ウチの環境ではFedoraとUbuntu10.04LTS、Ubuntu10.10のトリプルブートの環境を構築した。数日10.10を使ってみたが、ヲイラが日頃触れているアプリにはそんなに際立った変更はされていない様子。


気づいたのは、BGMに活用しているThythmboxを起動させたときのインジケーターアプレットの表示がカッコ良くなったことと、全然違うとこから引っ張ってきたアプリケーションをインストールする際に、なぜかUbuntuソフトウェアセンターが立ち上がることくらいか。


コレはコレで安定しているんだけど、気づくとなぜかUbuntu10.04LTSを使っている頻度が高い。
どっちか消せって言われたとしたら、ためらいなくUbuntu10.10かな?今のところ・・・。


さて、今日のお題はUbuntuでガジェットを使おうである。
ちょっと前に試してみたgOS、使っているモニターの縦横比の変更方法がわからなくて結局はすぐに削除してしまったが、デフォルトで起動するガジェット群にはちょっと魅力を感じた印象が残っている。


実はUbuntuにガジェットが標準装備されてないだけで、簡単にインストールできてポコポコ増やすことができる。Ubuntuソフトウェアセンターを起動し、Screenletsで検索したらインストールしてみよう。


アプリ→アクセサリにScreenletsが用意されているはずなので早速起動すると、魅力的かそうでないかはともかくたくさんのガジェットの配列が見えるはず。詳しい使い方は実際にいぢって覚えるのが上達の近道なので、どんどこデスクトップに置いて、大きさを変えたりカスタマイズに励んでくれ。


ヲイラが触った印象を載せておこう。
Compizなどでグリグリ動く仮想ディスクトップの設定にして、うっかりPagerのガジェットを使っちゃったりすると酔いそうになるので注意が必要かも(^^ ;)


Ubuntuは最初デスクトップにはアイコンがひとつもない状態だ。
お好みのガジェットで飾ってみてはいかがかな?