Jun 18, 2008

FireFox 3 ふぁーすといんぷれっしょん!

ネットニュースでFirefox 3のリリース関係のニュースを眺めていたら、いてもたってもいられなくてやっぱりアップグレードしてみることにした。


といってもいきなりメインのLinuxで確かめる勇気がなくてまずはどーでもいいWindows環境で試してみた。とりあえずトラフィックが高くてFirefox 3のダウンロードページに接続しづらくなっていたのに驚く。Vine4.2とかUbuntuがアップデートした時を懐かしく思い出しちまったよ、ヲイラは。

そうこう言ってるうちにつながって早速ダウンロード。ダウンロード作業についてはかなり軽快。ミラーサーバがたくさん用意してあるのだろうか?この辺はFTPサイトを自分で選べるわけではないんでよくわからんな。Mozillaのギネスチャレンジに貢献したくてすぐには使う予定はないけど、Linux版もダウンロードしたんだけど、インストール作業を絵入りで紹介したページなんてなかったゾこのあたりはユーザのレベルに合わせてあんのかね?「ホレ、これ見ながらやれ!」ってことなのかもしんない。まぁ、これでユーザの裾野が広がるならいいことか。


さて、ダウンロードが完了すると引き続いてインストール作業に入る。
この辺も楽チンだよな。Windowsなら見てるだけでいいんだもの。なんだかこう作業してても達成感を感じないのは、このあたりなのかもしれんな。

さて、問題のアドオンの対応状況だ。
ほぼアドオンをLinuxとシンクロさせてるので、これらが対応してからLinux版も本格スタートという形をとるつもり。

ムムッ!結構あるな、ぉぃ。




上記ダイアログで、更新作業をしてみると、はじかれたアドオンは4つ。セキュリティやSEOが含まれてるのは痛いなぁ。でもいちばんのダメージはWeb Developerかもしんない。

手書きでCSSやHTMLを書いてるもんでチェック作業が出来ないのは致命的っぽいな・・・。早期の対応をお願いしたいところだな。


ってなわけで少々の問題を含みつつも、とりあえずFirefox3へとアップデートができた。体感速度だが、これが速い!純粋に速度については感動させられた。・・・でも、アドオンがいくつか動いていないせいかもしんない・・・。


メニューまわりの様子もなんとなく変わってるし、判断を下すのはもうちょっとイヂってみてからにしたいと思う。